おすすめの漢方薬の専門書 皇帝の漢方薬図鑑

Pocket

ナースさん

漢方薬の専門書は少ないですが、
1冊ほど手元に置いておくと便利ですね




皇帝の漢方薬図鑑(じほう図鑑シリーズ)木村 美紀

1,728円(税込)送料無料
●じほう図鑑シリーズ第3弾!
●漢方薬がゆるくて不思議なキャラクターに!
●くすりを学ぶおとぎ話のような絵巻物的大図鑑

『王様のくすり図鑑』、『王子様のくすり図鑑』に続く、「じほう図鑑シリーズ」の第3弾。
おとぎ話のように漢方薬(和漢)の世界を表現した『皇帝の漢方薬図鑑』。

主人公の女の子は、漢方皇帝とともに、「頭ノ国」、「腹ノ国」といった漢方の国を旅します。それぞれの国では「ショウジョウ」と呼ばれる小さな生き物たちが「かぜ」や「便秘」などで悩まされています。そこに現れるのが、構成生薬などの特徴をもとに描かれた「漢方薬キャラクター」。「仙人」、「精霊」、「神仏」など不思議なチカラを感じさせつつも、ユーモラスな姿で、ショウジョウを症状から救います。

キャラクターファイルでは、登場する全54種類の漢方薬キャラクターをポイントを絞って平易に解説。また、「漢方薬の基礎知識」の章では生薬30種類を写真つきで解説しています。老若男女、幅広い読者にむけた、楽しくてためになる一冊です。

皇帝の漢方薬図鑑 著者情報

木村美紀(キムラミキ)
薬学博士・薬剤師。1985年、東京都生まれ。東京大学薬学部卒業。東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。東邦大学薬学部薬学総合教育部門講師として、薬学総合講義を担当。また、明治大学理工学部応用化学科講師として、化学実験の講義を担当。その他これまで担当した授業科目は、化学、薬理学、生化学、基礎科学実験、人間と健康など。一方、テレビ出演、書籍の執筆、講演など、幅広く活躍。アミューズ所属

三木謙次(ミキケンジ)
イラストレーター。ファンタジー・時代小説を中心に装画を手がけるほか、児童書の挿絵やキャラクターデザイナーとしても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

イラストからすぐに選ぶ漢方エキス製剤処方ガイド


5,940円(税込)送料無料

葛根湯ー汗の出ない感帽、上半身の疼痛、上半身の炎症に使用せよ/葛根湯加川〓(きゅう)辛夷ー蓄膿症や鼻閉感に使用すべき/乙字湯ー痔疾患なら第一選択/安中散ー胃の痛みや生理痛に使用すべし/十万敗毒湯ーこれといった特徴のない湿疹・蕁麻疹には第一選択/八味地黄丸ー腎虚(老化)と思ったらまず第一選択に/大柴胡湯ー実証の慢性疾患に使用すべきで、便秘を伴うとよく効く/小柴胡湯ー中間証のこじれた病態、慢性疾患に使用すべき/柴胡桂枝湯ー小柴胡湯より虚証の不定愁訴、良い方剤が思いつかないときに考慮する〔ほか〕

発売日: 2018年04月24日頃
著者/編集: 橋本喜夫
出版社: 全日本病院出版会
発行形態: 単行本
ページ数: 279p
ISBNコード: 9784865192445


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です