漢方薬の7番、八味地黄丸(ハチミジオウガン)

Pocket

ナースさん

ご存知でしょうか?
たとえば、八味地黄丸(ハチミジオウガン)には番号が
ついています。漢方薬の7番です。

ナースさん

漢方薬は漢字も難しくて名前を覚えるのも大変です。
でも、大丈夫です。漢方薬には番号が付属しているので
まずは、番号から覚えていきましょう。




漢方薬の7番、八味地黄丸(ハチミジオウガン)

ツムラの漢方薬には「くすりのしおり」が付属しています。商品名やその漢方薬の作用と効果になどについて詳しく記述されています。たとえば、ツムラ八味地黄丸エキス顆粒(医療用)は下記のしおりです。

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。そのために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。
商品名:ツムラ八味地黄丸エキス顆粒(医療用)
主成分:八味地黄丸(hachimijiogan)
剤形:顆粒剤(灰褐色)
シート記載:ツムラ八味地黄丸(ハチミジオウガン)2.5 g 「7」 
この薬の作用と効果について
この薬は漢方薬です。あなたの症状や体質に合わせて処方してあります。
泌尿器・生殖器などの機能低下、下肢痛、腰痛の治療に使用されます。
通常、疲労、倦怠感著しく、尿利減少または頻数、口渇し、手足に交互的に冷感と熱感のある人に用いられます。
次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
・妊娠または授乳中
・他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
用法・用量(この薬の使い方)
・あなたの用法・用量は<<:医療担当者記入>>
・通常、成人は1日7.5gを2~3回に分割し、食前もしくは食間に水またはぬるま湯で飲んでください。年齢、体重、症状により適宜増減されることがあります。必ず指示された服用方法に従ってください。
・飲み忘れた場合は気がついた時に飲んでください。ただし、次に飲む時間が近い場合は1回飛ばして、次に決められた時間に飲んでください。2回分を一度に飲んではいけません。
・誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
・医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください

漢方薬の番号について

漢方薬は名前を覚えるのも一苦労。ましてや書けと言われても当用漢字にも無いような字ばかりで困ってしまいますよね(院長はスラスラ書いちゃいますが)。
そこで重宝するのがこの番号です。漢方の製薬会社と言えば、ツムラ、クラシエ、コタローなどが有名ですが、有名どころであれば番号はほぼ同じです。シェアの多いツムラに他社がそろえていき現在の番号に落ち着きました。
それではそもそも誰が決めたかというと、ツムラの研究者の方が実験ノートに便宜上ふったものであったとか! (公式では特に意味はないが、概ね承認申請順とのこと) 4番と42番が無いのは「縁起が悪いから」だそうです。
自分にあった漢方薬が見つかったら、まずは番号で覚えるのもいいですね。薬局で「16番のハンゲなんとかお願いしま〜す」といっても通じるはずです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です